Youtube「生成AI動画」の明示を義務化

動画投稿サイトのYoutubeがクリエイターに対して、生成AI動画を明示するよう発表した。

AIで生成された画像や素材を含めた動画には、その開示を義務付けるようにする。

また音楽の権利者が、AI生成音楽コンテンツの削除を申請できる機能も導入される。

直近では岸田首相の偽動画が拡散されたことが記憶に新しい。

ディープフェイク
参照:ニコニコ動画

こういったフェイクニュースやフェイク動画が拡散されるを防止する目的と考えられる。

従わなければ動画の削除やアカウント停止といった罰則の対象になる。

プライバシー侵害に対する通報機能を更新し、ディープフェイク動画を通報できるような機能を実装する予定。